緑茶カテキンは免疫チェックポイント分子PD-L1の発現を減少させ、肺がんの増殖を抑制する

 

緑茶に含まれるカテキンが、肺がんの増殖を抑制するという論文が埼玉大学・大学院理工学研究科より発表されました。

緑茶カテキンに免疫チェックポイント阻害剤の活性があることを発見

Green Tea Catechin Is an Alternative Immune Checkpoint Inhibitor that Inhibits PD-L1 Expression and Lung Tumor Growth.

カテキンについては、当ブログでも記事にしていますので、そちらも参照下さい。

カテキンとカフェインは褐色脂肪細胞を活性化する

 

埼玉大学の発表によりますと、

 

免疫チェックポイント分子であるPD-L1は、もともと過剰な免疫反応を抑制するために正常な細胞に発現している分子です。しかし、がんが生じる過程でがん細胞がPD-L1を発現するようになり、がん細胞はPD-L1を利用して免疫細胞からの攻撃を逃れています。最近、免疫チェックポイント分子に対する抗体医薬が、いろいろな臓器のがん(メラノーマ、肺がん、腎臓がん、大腸がんなど)に対して、驚くべき効果を上げています。最近、免疫チェックポイント阻害剤は早期のがんにも効果があると期待されていますが、高価で、かつ、特有の副作用があるため、安価で副作用のない免疫チェックポイント阻害剤が求められています。

一方、緑茶カテキンの予防効果は臨床試験でも証明され、広く認められています。緑茶カテキンは、ヒトのいろいろながん幹細胞の増殖を抑制することや上皮間葉転換を抑制することは分かってきましたが、腫瘍免疫に関する効果は明らかになっていませんでした。菅沼らのグループは、緑茶カテキンが、がん細胞の細胞膜を硬くして、増殖や悪性化の様々なシグナルを抑制することが、がんの予防に通じることを明らかにしてきました。

緑茶に含まれるカテキンであるEGCGが、インターフェロン-γやEGF(上皮成長因子)によって肺がん細胞に誘導されるPD-L1遺伝子発現を抑制して、がん細胞表面のPD-L1タンパク質を減少させることを見出しました。EGCGだけでなく、緑茶抽出物(煎茶を凍結乾燥したもの)にも同様の作用があることを、培養肺がん細胞を用いて見出しました。さらに、腫瘍特異的T細胞の活性を測定する実験系で、緑茶カテキンによるがん細胞におけるPD-L1の減少が、PD-L1によって抑制されていたT細胞の活性を回復させることを確認しました。

 

カテキン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)