トレーニング前後のサプリメント摂取が骨格筋肥大に及ぼす影響

トレーニング前後のサプリメント摂取が骨格筋肥大に及ぼす影響

 
トレーニング前後にプロテイン等のサプリメントを摂取することは筋肥大に有効であると言われています。
確かに、トレーニング直後にプロテイン(またはロイシン)、あるいはプロテイン+炭水化物の摂取をすると筋肥大は加速されるという研究は数多くあります。

ちなみに、プロテインやBCAA等を単体で摂取するよりもプロテイン(あるいはBCAA)+炭水化物を摂取した方が、より筋肥大は加速されます。

 
確かに、トレーニング直後にプロテイン等のサプリメント摂取は、筋肥大に有効であることは間違いなさそうですが、果たしてそれはトレーニング直後だったから有効であったのか、あるいは単に摂取量が増えたから有効であったのかは、イマイチ曖昧です。

つまり、トレーニング直後に飲むか、あるいはトレーニングとは関係のない朝一番で飲んだり、寝る前に飲んだりしたら、筋肥大に影響するのか?という問題です。

Effects of Supplement-Timing and Resistance Exercise on Skeletal Muscle Hypertrophy

 

今回紹介する研究は、10週間の筋トレプログラム中、一方のグループは、トレーニングの前と後にタンパク質/クレアチン/グルコースのサプリメントを摂取し、もう一方のグループは朝と夕方に同じサプリメントを同量摂取して、筋線維のタイプ、体組成等を測定しました。
(筋トレの負荷は、どちらのグループも同じ)

結果は、トレーニング前後に摂取したグループの方が、除脂肪体重および1RM強度がより大きく増加し、体組成の変化は、II型繊維(速筋)および収縮性タンパク質含量の断面積がより大きく増加しました。
また、トレーニング後、筋肉内により高いクレアチンおよびグリコーゲン量をもたらしました。

やはり、トレーニング前後のサプリメント摂取は重要なようです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)